Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

池上彰氏のわかりやすい「仮想通貨」講座

インターネットビジネス

池上彰氏のわかりやすい「仮想通貨」講座
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

そうだったのか!仮想通貨


2014年の放送になりますが、あの池上彰氏が「仮想通貨」について解説してくれています。
大変わかりやすく、筆者のような初心者でも理解できました。
内容をまとめましたのでご覧ください。





仮想通貨ってそもそも何?


仮想通貨は、インターネット上のお金であり、世界共通の単位です。

2009年頃から、元々ITに詳しい人たちが、バーチャルな通貨として将来的に世界中で通用するものになる可能性を考え作り上げていきました。
そして、仮想通貨の安全性、セキュリティ面を高めていきました。

仮想通貨の利点を実感した人が増えていくと、需要と供給のバランスで価値は上がっていきます。

また、仮想通貨どうしなら、海外などの取引も手数料はほとんどかからず国ごとに貨幣価値は変わらず、ある意味、「世界共通のお金」として使うことが出来ます。


通常通貨と仮想通貨の違い


日本の場合を例に挙げます。
我々がいつも使用している通貨(紙幣)は、全ての人がお金と認識しているから使用しています。
また管理しているのが「日本銀行」、政府でも法律があります。
我々は日銀も日本政府も信頼しています。
だから、通常通貨は安心して使用しているのです。

ですが、ビットコインの場合、日銀のように管理しているところはありません。
お互いがお互いを監視しあって管理しています。(ブロックチェーン)


電子マネーとどう違う?


仮想通貨は需要と供給のバランスで価値が変わる、つまり「相場がある」ということです。
投機的側面があるのです。
これが、通常の電子マネーとの大きな違いです。



なぜビットコインを買うのか?
これは儲かるからです。

2009年頃(ビットコインが世に出始めた頃)、1ビットは1円にもみたなかった時がありました。
この時にノルウェーの男性が遊び半分でビットコインを買ったそうです。
日本円にして2,400円分。
その4年後、価格が高騰したということで見てみると、1,800万円になっていた。
このようなニュースが流れ、我も我もとビットコインが人気となり価格はますます高騰していったというわけです。


なぜ信用して大金をつぎ込むのか?


「管理のカラクリが画期的だった」からです。

金をイメージしてもらうとわかりやすいです。
金がお金の単位だった時代がありました。
そもそも地球上に金の埋蔵量は限られています。
そのため、価値が守られてきました。

ビットコインも同じです。
流通量に制限を持たせ、価値を守っているのです。


マウントゴックス取引所の事件


これは、2014年に「マウントゴックス」というビットコイン取引所が破綻したというものです。
あくまで、取引所の破綻だったのですが、ニュースではまるで「ビットコインはダメだ」という報道でした。

実際のところ、ひとつの取引所が破綻しただけであり、ビットコインの価値は何ら変わりはなかったのです。
価値がなくなったわけではありませんでした。


ビットコインの利点


・海外での買い物で手数料はほぼかからない、スピーディー。
・政情不安な国で、突然通貨が変わってしまった時、資産をビットコインにしておけば慌てることはない。
・銀行が信用できない、銀行までが遠い、などの国では携帯で決済できるビットコインは便利。


動画全貌



まとめ


いかがでしたでしょうか。
仮想通貨の仕組み、歴史など、お分かりいただけたでしょうか。

この動画は2014年のものです。
当時のビットコインの相場は4万円程。
2017年4月現在で、14万円超です。
たった3年で凄まじい高騰ぶりですね。
しかも、これから大手媒体がどんどん参入するという話がちらほら出ています。
昨年(2015年)日本の政府も、仮想通貨法案を国会にて可決しています。
そうなると、相場が跳ね上がる予想が出来ますね。

まだまだ伸びしろのある「ビットコイン」。
今のうちに購入を考えてみてはいかがでしょうか。





↓現在ご覧のサイトが簡単無料で作れます↓





稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法